ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫がいきなり結果を残した。

ブライトンは16日、ポルトガルのエストリルとプレシーズンマッチを開催。三笘は後半頭から途中出場し、ブライトンでデビューを果たした。

昨シーズン川崎フロンターレから完全移籍も、就労ビザの関係でプレミアリーグでプレーできず、ベルギーのロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズへとレンタル移籍していた三笘は、ベルギーで大きな結果を残すと、今季はブライトンでのプレーが決定していた。

その三笘は1-2で迎えた65分にデビュー戦でいきなり結果を残すことになる。

昨季サン=ジロワーズでともにプレーしたデニス・ウンダブが右サイドに展開。パスを受けたフリオ・エンシソが仕掛けると、ボックス内右からグラウンダーのクロス。これを走り込んだ三笘が合わせて蹴り込んだ。

デビュー戦で三笘らしいゴールを決めた中、チームはさらに追加点。1-4で勝利を収めている。