ローマがアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(28)獲りを本格化させたようだ。

昨季をもってユベントスとの契約満了に伴い、退団したディバラ。年齢的にも脂の乗り切るアルゼンチン産のスタープレーヤーを移籍金なしで獲得できるとあって、争奪戦もさらに加熱している。

そのなかで、移籍先の筆頭と目されたのがインテルだが、ここにきて暗雲。裏でナポリの名乗りも噂されるが、ジョゼ・モウリーニョ監督が熱望しているローマも参戦の動きが取り沙汰されている。

そして、著名記者のジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によると、ローマは17日にディバラの代理人と最初の交渉に。クラブのプロジェクトを説明するとともに、1stオファーを打診したという。

また、個人の条件面も話し合われ、ローマは年俸600万ユーロ(約8億3000万円)の3年契約を提示。ただ、同年俸はボーナス込みでのもののようで、クリアできなれば選手側の要求額より低い模様だ。

そうした条件を投げ、イエス待ちだというローマ。モウリーニョ監督も直々に電話で説得にあたったとされるなど、かなりの熱の入れようだが、ディバラの決断やいかに。