かつてチェルシーやナポリで指揮を執ったラファエル・ベニテス氏がセネガル代表DFカイドゥ・クリバリを評価した。

2014年夏に加入して以降、長くナポリ守備陣を牽引し続けてきたクリバリ。しかし、クラブ側が大幅な給与の引き下げを希望したこともあり、来夏までの契約交渉はまとまらず、16日に推定3380万ポンド(約55億5000万円)とされる移籍金でチェルシーへの移籍が発表された。

今夏にドイツ代表DFアントニオ・リュディガーとデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセンが退団したチェルシーにとって、トップクラスのクオリティを備えたセンターバックは願ってもない補強となっている。

2013年から2年間ナポリで指揮を執り、クリバリを指導した過去を持つベニテス氏もイギリス『The Athletic』の取材に応じた際、セネガル代表DFを評価。トーマス・トゥヘル監督にとって、頼もしい存在になるだろうと語った。

「彼は4バックと3バックのあらゆるポジションでプレーしてきた。私が指揮をとっていたときは、4バックの右サイドバックでもプレーしたと思う。彼はディフェンダーとして多才であり、スピードを備えタックルもうまい」

「トーマス・トゥヘル監督が望むプレーをするのに適しているかもしれないね。リュディガーと似たようなスタイルを持っている。彼はボールを持ち運ぶのが巧みで、両足を器用に使えるからね」

一方で、ベニテス氏はクリバリの課題についても指摘。それでも、勤勉な姿勢を持つ選手がプレミアリーグで活躍する姿を楽しみにしていると語った。

「少し良い人過ぎるところはあるかもしれない。チェルシーでどうなるかは、見てのお楽しみだ。先ほども言ったように、イタリアでの彼はとてもスピードがあり問題はなかった。ただ、プレミアリーグでそれほど支配的なスタイルはできないだろう」

「空中戦は彼の最大の強みではない。イタリアならその点の問題はなかったが、プレミアリーグでどうなるかは興味深いところだ。ただ、彼は常に学ぶことに熱心であり、トレーニングの後、私や私のスタッフと時間を過ごして、ヘディングの練習や技術の向上に努めていた」

「集中力を高める必要はあるだろう。彼は集中力を切らすことに罪悪感を覚えたり、時には自信過剰になったりすることもあった。それでもナポリでは、大きな影響力を示したと思う。私の信頼できる人たちは、彼がイタリア最高のセンターバックだと言っていたよ」