水戸ホーリーホックは19日、トップチームの選手6名、スタッフ1名に新型コロナウイルスの陽性判定が出たことを報告した。

クラブの発表によると、当該選手1名は18日に喉の痛みが出たため、同日中に医療機関での検査および診察を行い、陽性判定を受けたという。

これを受け、19日に選手・スタッフを対象としたPCR検査を実施した結果、新たに選手5名、スタッフ1名に陽性判定が出たという。

これによりトップチームは20日までチーム活動を停止し、以降については状況を鑑みて判断するとのことだ。

水戸は23日に明治安田生命J2リーグ第28節、大分トリニータとのホームゲームを控えているが、今後新たに感染者が増えた場合、開催延期となる可能性が濃厚だ。