ユベントスが今夏、ウェールズ代表MFアーロン・ラムジー(31)とブラジル代表MFアルトゥール(25)の売却もタスクとしているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。

昨季のセリエAを4位で終え、11シーズンぶりの無冠となったユベントスは、今夏のチーム刷新に着手。すでにフランス代表MFポール・ポグバ、アルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアの加入が発表されているほか、トリノのブラジル人DFグレイソン・ブレーメル獲得も秒読みの状況だ。

一方で、これまでチームを支えてきたアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ、イタリア代表MFフェデリコ・ベルナルデスキ、元イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニらは契約満了で退団。また、オランダ代表DFマタイス・デ・リフトも、19日にバイエルン移籍が発表された。

着実に選手の入れ替えが進むユベントスではあるものの、残る課題としてラムジーとアルトゥールの処遇があるようだ。『カルチョメルカート』によると、両選手とも新シーズンはマッシミリアーノ・アッレグリ監督の構想に入らない模様であり、クラブは今夏の売却を希望している。

特に、ラムジーは今年1月にもレンジャーズへレンタル移籍するなど明確にチーム内で居場所がなく、負傷中のアルトゥール共々、アメリカツアーの参加メンバーからは外される見通しだ。

クラブは少しでも財政負担を軽減するため、2023年夏までとなっているラムジーとの契約解消を希望。しかし、ラムジー側は退職金として400万ユーロ(約5億6000万円)の支払いを求めたことから、交渉は停滞している。

それでも、ユベントスはラムジーが今年11月から開催されるカタール・ワールドカップ(W杯)に万全の状態で臨むべく、出場機会を求めて退団を希望すると予想しており、円満な別れを期待しているようだ。

なお、アルトゥールに対しては以前からアーセナルが獲得に関心を示しているため、こちらの交渉もこれから加速する可能性がある。