ストラスブールに所属する日本代表GK川島永嗣がインスタグラムを更新。シュツットガルトの日本代表MF遠藤航とフランスで会ったことを報告した。

川島は、2018年8月にメスからストラスブールに移籍。正守護神の座を奪取する時期もあった中、昨季は第2GKとして公式戦2試合に出場した。

日本代表にも招集され、6月に行われたガーナ代表との親善試合ではゴールマウスも守っていた川島はすでにクラブに合流。16日にはプレシーズンマッチでベルギーのシャルルロワと対戦し、元日本代表MFの森岡亮太との日本人対決も実現していた。

その中、川島は19日にインスタグラムを更新。「デュエル王がストラスブールに遊びに来てたのでお茶」と遠藤との私服での2ショットを披露。「ストラスブールはドイツとの国境沿いにあって、航がプレーするシュツットガルトとも車で1時間半ちょっと。意外に近いのにやっと会えました(笑)」とし、フランスでの出会いを明かした。

一方の遠藤もSNSを更新し、「今日のオフは、えいじさんに会いにストラスブールへ(^^)街並みも凄く良かった」と振り返っている。