サンフレッチェ広島は20日、スタッフ1名と選手1名の新型コロナウイルス感染症陽性判定を報告した。

当該スタッフAは19日に発熱症状があり、本日20日に医療機関のPCR検査を受けたところ、陽性診断。当該選手Bは本日20日に喉の痛みがあり、医療機関のPCR検査を受け、同じく陽性診断が下った。

当該選手Bはその後、熱の症状も出ているが、現在は両名とも適切な対策のもとで療養。Jリーグ新型コロナ対応ガイドラインに定められる濃厚接触疑い基準に照らし、スタッフ3名(当該スタッフAとの接触)および、選手1名・スタッフ1名(当該選手Bとの接触)は「濃厚接触疑い」と判断され、適切に自主隔離・待機措置に入っている。