20日、天皇杯ラウンド16の東京ヴェルディvsジュビロ磐田が味の素スタジアムで行われ、延長戦の末に2-1で勝利した東京Vがベスト8進出を決めた。

当初、13日開催予定も東京Vに新型コロナウイルス感染者が続出した影響で、1週間順延の形となった今回の一戦。

11日から16日までチーム活動中止を余儀なくされた東京Vは、活動再開から中3日という厳しいコンディションの中でJ1勢撃破を狙った。

一方、J1では4戦連続無得点の4連敗で最下位に沈む磐田は、今月末のリーグ再開に向け弾みを付ける勝利を目指した。

共に4バックでスタートした中、立ち上がりはコンディション、試合勘で勝る磐田が主導権を握る。GK梶川やポジションチェンジを効果的な使ったビルドアップで相手のプレスをかいくぐると、黒川と吉長の両翼からのクロスを使ったシンプルな攻めを見せる。11分にはミスパスをカットしたショートカウンターからボックス右に抜け出した金子にビッグチャンスもシュートを枠に飛ばせない。

以降もJ1チームがボールを握りつつ、ミスが目立つ東京Vのビルドアップを狙った形でフィニッシュのシーンを作り出す。だが、アタッキングサードでの精度を欠き決定機には持ち込めない。

すると、前半半ばを過ぎた辺りから守備の整理、身体の重さが取れ始めた東京Vが主導権を掌握。アグレッシブな守備からのショートカウンター、持ち味の細かい繋ぎから局面を打開するダイナミックな仕掛けでチャンスを創出。河村や新井の個人技からのフィニッシュ、稲見や加藤蓮のミドルシュートでゴールに迫るが、クロスバーやGKの好守に阻まれた。

ゴールレスで迎えた後半は、前半終盤の流れを踏襲する形でJ2チームが押し気味に試合を進める。開始3分には左サイドからカットインした新井が得意の形で右足を振るが、これはわずかに枠の右へ外れた。
時間の経過と共に磐田が盛り返して試合は拮抗。62分には共にボックス中央でパスを受けた磐田の金子、東京Vの河村にビッグチャンスも、シュートを枠に飛ばせず。互いに決め手を欠き先制点が遠い。

後半半ばを過ぎて完全に我慢比べの状況となった中、先にゴールをこじ開けたのは東京Vだった。80分、磐田の繋ぎのミスからのカウンターでボックス右で仕掛けたバスケス・バイロンが相手DFのファウルを誘ってPKを獲得。これをキッカーの新井が冷静に右隅へ突き刺し、82分の先制点とした。

その後、殊勲の新井を下げてDF奈良輪を投入するなど、逃げ切り態勢に入った東京Vに対して、決死のパワープレーを見せた磐田は土壇場で追いつく。5分が加えられたアディショナルタイムの93分、左サイドから入れたクロスを前線に残っていた伊藤槙人がファーで頭で折り返すと、ゴール前のジャーメイン良がヘディングで右隅へ流し込んだ。

磐田の劇的同点ゴールによって試合は延長戦に突入。満身創痍の東京Vは唯一のセンターフォワードの河村を下げ、サイドバックの山口を投入。同じくサイドバックの奈良輪が最前線に入るスクランブル布陣に。対する磐田も後半終盤に伊藤猛志、後藤啓介とユース登録の若手がデビューを飾る急造布陣となり、互いに決め手を欠く。

延長戦は完全に消耗戦の様相を呈し、PK決着が濃厚と思われたが、最後の最後に急造ストライカーが決定的な仕事を果たした。114分、宮本の左CKの流れからペナルティアーク付近でこぼれ球に反応した奈良輪が右足を一閃。地を這うかのような鋭いシュートがゴール前の密集を抜けてゴール左下隅に突き刺さった。

そして、今度こそ磐田の攻撃を凌ぎ切った東京Vが前ラウンドの川崎フロンターレに続くJ1勢連破を成し遂げ、優勝した2004年以来となる8強入りを決めた。

なお、ベスト8進出の東京Vは9月7日に行われる準々決勝で京都サンガF.C.と対戦する。

◆天皇杯ラウンド16
2022年7月20日
東京ヴェルディ 2-1 ジュビロ磐田

2022年7月13日
アビスパ福岡 2-0 V・ファーレン長崎
鹿島アントラーズ 2-0 ガンバ大阪
名古屋グランパス 1-2 セレッソ大阪
栃木SC 1-2 京都サンガF.C.
サガン鳥栖 1-3 ヴァンフォーレ甲府
ヴィッセル神戸 2-1 柏レイソル
ザスパクサツ群馬 0-1 サンフレッチェ広島

◆準々決勝対戦カード(9/7)
アビスパ福岡 vs ヴァンフォーレ甲府[M81]
[ベスト電器スタジアム]

ヴィッセル神戸 vs 鹿島アントラーズ[M82]
[ノエビアスタジアム神戸]

京都サンガF.C. vs 東京ヴェルディ[M83]
[味の素スタジアム]

セレッソ大阪 vs サンフレッチェ広島[M84]
[ヨドコウ桜スタジアム]

◆準決勝(10/5)
[M81]の勝者 vs [M82]の勝者[M85]
[M83]の勝者 vs [M84]の勝者[M86]

◆決勝(10/16)
[M85]の勝者 vs [M86]の勝者[M87]