川崎フロンターレのDF山村和也が、パリ・サンジェルマン(PSG)戦を振り返った。

『エアトリ presents PSG JAPAN TOUR 2022』で来日中のPSGと、20日対戦した川崎F。史上最多の6万4922人が集まった国立競技場での一戦に臨んだ。

前半を1-0で折り返したなか、後半開始からピッチに立った山村。58分にも失点した中で迎えた84分に、CKの流れから瀬古樹の浮き球のパスをヘッドで合わせゴール。一矢報いることに成功した。

「上手さ、技術を見せつけられた試合でした」と試合後に振り返った山村だが、ゴールについては「良いボールが入ったので、決めることができて良かったです」と、瀬古のパスが良かったとした。

前半はベンチで見ていたが「そこまでコンディションだったりも良くない中で、動きがない中で、技術で決定機を作ったり、1つ1つのボールスピード、意思疎通で崩しができるのはすごいなと思っていました」と、PSGの選手たちのレベルの高さに感心したという。

その中でピッチに入って感じた部分については「1つ1つの見ているところ、仕掛けるタイミングというのは凄く嫌なタイミングでやられました」とし、「そこは僕たちも技術を磨いて、精度の高い攻撃を繰り広げられたらと思いました」と、自分たちもより技術を磨くことが大事だと感じたようだ。

Jリーグでもクオリティの高いプレーを見せている川崎Fだが、世界トップクラスとは差があると感じた山村。「質というところは凄く大切だと改めて思いましたし、1人1人が技術を高く持つことはチームの総合力が上がることが分かったので、技術を高めたいと思います」とコメント。個の成長がチームの成長に繋がると、改めて感じたようだ。