バルセロナがアーセナルのフランス代表DFウィリアム・サリバ(21)の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

2019年夏にサンテチェンヌからアーセナルに完全移籍し、1年間はサンテチェンヌへレンタル。アーセナルに復帰も、ミケル・アルテタ監督からの評価はあがらず、2021年1月からはニースに半年間のレンタル、昨季はマルセイユへ1年間のレンタルに出されることになった。

マルセイユでは、フランス全国プロサッカー選手連合(UNFP)の年間最優秀若手選手賞とリーグ・アン年間ベストイレブンのダブル受賞を飾るなどリーグ屈指の若手DFとしての評価を確立。選手としての評価を高め再びノースロンドンに戻ってきたサリバに対しては、アルテタ監督もチームに迎え入れる姿勢を示しており、現在はクラブのプレシーズンに参加している。

バルセロナの内情に精通するスペイン人ジャーナリストのジェラール・ロメロ氏によると、そんなサリバに対してバルセロナが強い関心を示しているようだ。

今夏の移籍市場でポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキやブラジル代表MFハフィーニャ、デンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセン、コートジボワール代表MFフランク・ケシエらを獲得するなど積極的な動きを見せるバルセロナは、現在センターバックの補強に着手。トップターゲットはセビージャのフランス代表DFジュール・クンデ(23)であるものの、同選手はチェルシー移籍に近づいている。

仮にクンデを逃した場合、バルセロナはインテルのスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(27)、RBライプツィヒのクロアチア代表DFヨシュコ・グヴァルディオル(20)らにも関心を向けつつ、獲得リストのトップにいるのはサリバだという。

アーセナルはサリバを戦力として計算しているものの、選手本人は新シーズンで出場機会を得られないようなら、今年11月に開幕するカタール・ワールドカップ(W杯)出場を見据え今夏の移籍市場で移籍を要求する可能性もあるため、今後の動向が注目される。