ウニオン・ベルリンの日本代表MF原口元気へ、レアル・ソシエダの日本代表FW久保建英が一言申した。

19日、ウニオン・ベルリンから2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)のブラウンシュヴァイクへの期限付き移籍が発表された遠藤渓太。昨シーズン、ともにウニオンでプレーをした原口は、出場機会を求めたアタッカーにエールを送った。

アルプスの山々を背景に、自身のインスタグラムにて「グッドラック、渓太。君の新たな挑戦に幸あれ!」と、ドイツ語で綴った原口。遠藤も「一緒に戦ってくれてありがとう、新シーズンもいい活躍を!」とドイツ語で返信している。

ただ、久保もこれに反応。ドイツ語でのメッセージに対して「日本語もつけてよ」と、もっともなリアクションを残した。

スペイン語は流ちょうに操る久保だが、さすがにドイツ語は門外だったようだ。原口は久保のコメントに対し、嬉し泣きの絵文字を付けて「けいた頑張れよってことよ。簡単に言うと」と、補足している。