ラス・パルマスは21日、アトレティコ・マドリーから元スペイン代表MFビトロ(32)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。

昨夏、1年間のレンタル移籍で加入したヘタフェでは、プロキャリアでワーストとなる公式戦7試合の出場に留まったビトロ。2024年まで契約を残すアトレティコでも当然構想外の扱いとなっていた中、セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)に所属する古巣へレンタル移籍することになった。

生まれ故郷のラス・パルマスでプロキャリアをスタートしたビトロは2013年に加入したセビージャで台頭。卓越したスプリント能力と積極果敢な仕掛けを武器に、リーグ屈指のサイドアタッカーとしてセビージャのヨーロッパリーグ3連覇に貢献した。

その後、2017年夏にアトレティコが契約解除金を支払う形で移籍が決定も、当時アトレティコが国際サッカー連盟(FIFA)から補強禁止処分を受けていた影響で古巣ラス・パルマスへの半年間のレンタルを経て、2018年1月に正式加入した。

そのアトレティコでは2019-20シーズンにラ・リーガ28試合に出場したものの準主力の域を出ず、在籍3年半で途中出場をメインに公式戦101試合7ゴール9アシストの数字に留まっていた。