エルチェは21日、レバンテを退団したスペイン人DFカルロス・クレルク(30)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの2年となる。

エスパニョールでプロデビューを飾ったクレルクは、サバデル、ジローナと地元カタルーニャの下部カテゴリーのクラブへのレンタル移籍を経て2016年にオサスナに加入。2018-19シーズンには左サイドバックの主力としてセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)優勝とプリメーラ昇格に大きく貢献していた。

2019年夏に加入したレバンテでは公式戦85試合に出場。昨シーズンはラ・リーガ19試合に出場するも、チームはセグンダ降格となっていた。

そういった中、プリメーラで100試合以上の経験を持つベテランDFは、エルチェに新天地を求めた。