元日本代表MFであり、ガンバ大阪の特命広報大使である前園真聖氏が、パナソニック スタジアム 吹田の「カジュアルラウンジ」を体験した。

この取り組みは、2日の明治安田生命J1リーグ第19節の浦和レッズ戦から運用を開始。パナソニック スタジアム 吹田のバックスタンドにあるVIPラウンジ席で、プチ贅沢が楽しめる新プランとなっている。

明治安田生命Jリーグの公式戦ホーム試合が対象で、毎試合60名限定でチケットを販売。食事は、ドリンク飲み放題と1830年創業の老舗料亭「なだ万」の弁当が堪能でき、日本を代表する日本酒「獺祭」が数量限定で用意されている。

これまで法人向け専用シートであったVIPラウンジは、今回の新プラン開始で初めて個人のファン・サポーターも利用できることに。ラウンジ内は、空調が完備され、太陽の日差しが厳しい夏や、空気が冷え込む冬でも快適に過ごすことができる。

そんな「カジュアルラウンジ」を一足先に体験した前園氏は、「売店の長蛇の列に並ばず、なだ万の豪華なお弁当と豊富な種類を取り揃えるドリンク飲み放題が楽しめる『カジュアルラウンジ』は最高ですね。空調も完備されていて、特に夏の厳しい暑さを心配せず過ごせる環境があるのは大変ありがたいです。」と快適さをアピールした。

「カジュアルラウンジ」に併設されているバルコニーシートは、開放感のあるピッチが目の前に広がり、ガンバサポーターが送る熱い応援を間近に感じながら、臨場感あるプレーが楽しめる。

コーナー上に設置されているシートからの眺望について前園氏は、「ポジショニングなど選手の動きが見やすく、コーナーキックのせめぎ合いも間近で見ることができて興奮しちゃいますね。これは、一度来たらサッカー観戦にハマること間違いありません!」と満面の笑みで絶賛。「新プランを、初めてサッカー観戦に来る方や、お子様のいるご家族など様々な方にご利用いただき、快適な観戦体験を通して思い出に残るひと時を過ごしてもらえたら嬉しいですね。」と利用を呼び掛けた。

前園氏は、25日にパナソニック スタジアム 吹田で行われるパリ・サンジェルマンの試合ではG大阪の公式ツイッターを通じて、試合前の選手の様子や試合経過を発信。当日は、日本代表や海外リーグでのプレー経験豊富な、前園氏オリジナルの視点で試合の様子や裏側を発信することとなる。