なでしこジャパン(日本女子代表)は23日、県立カシマサッカースタジアムで行われたEAFF E-1サッカー選手権第2戦でチャイニーズタイペイ女子代表と対戦し、4-1で逆転勝利した。

韓国女子代表との初戦を宮澤ひなた、長野風花の2ゴールによって2-1のスコアで競り勝ったなでしこ。大会連覇に向けて白星発進の池田太監督率いるチームは、連勝を目指してチャイニーズタイペイと対戦した。

中3日での一戦に向けては初戦から宝田沙織、猶本光を除く先発9人を変更。GK平尾知佳、林香奈絵、宮川麻都、井上綾香、三浦成美、中嶋淑乃の6選手が今大会初出場となり、林香奈絵、井上、中嶋の3人は代表デビューとなった。

酷暑の中でスタートした一戦でなでしこは、開始直後に上野がファーストシュートを放つなど、まずまずの入りを見せる。だが、相手の背後を積極的に狙う攻撃に対して、急造ディフェンスラインの脆さが出てしまい、続けてピンチを招く。

すると8分、右CKの場面でキッカーのチェン・イェンピンが左足インスウィングで入れたボールに対して、飛び出したGK平尾が被ってしまい、ファーに飛び込んだスー・シンユンに頭で押し込まれた。

格下相手にまさかのビハインドを背負う形となったなでしこはすぐさま反撃。13分にはCKのサインプレーから上野が鋭いシュートでGKにファインセーブを強いると、14分の右CKではキッカーの猶本がニアに入れた正確なクロスに反応した千葉がヘディングシュート。相手DFにディフレクトしたボールがゴール左隅の完璧なコースに決まった。

早い時間帯にスコアをタイに戻したなでしこはここから試合の主導権を掌握。16分には猶本の正確な右クロスにフリーで反応した中嶋にデビュー戦ゴールのチャンスが訪れるが、ゴール至近距離からのヘディングシュートをふかしてしまう。

以降は流動的な2トップを起点に、ボールを動かしながら井上、中嶋の両サイドの仕掛けからチャンスを窺う。幾度かボックス内での惜しい仕掛けが続くと、29分には千葉に2点目のチャンス。上野がワンタッチで相手最終ラインの背後へ流したボールに反応した千葉はDFと交錯しながらもボックス内に持ち込み、GKとの一対一で右足のシュートを放つが、これは惜しくも枠の左に外れた。

前半終盤にかけてはアタッキングサードで精度を欠き、決め切れない状況が続く。さらに、ヒザを痛めた林香奈絵がプレー続行不可能となり、代表デビューとなる高平美憂をスクランブル投入するアクシデントにも見舞われる。

これにより少し嫌な空気が流れるが、前半終了間際に再び猶本のお膳立てからゴールが生まれる。前半アディショナルタイム2分、左CKの二次攻撃から左サイドの猶本が絶妙なクロスをファーサイドへ供給。これを上野が冷静にピッチへ叩きつけるヘッドで合わせ、待望の代表初ゴールとした。

その後、千葉、猶本に訪れた決定機を決め切れず、3点目を奪うことはできなかったものの、2-1と逆転して試合を折り返したなでしこ。後半は中嶋を下げて北川ひかるをハーフタイム明けに投入。この交代で北川は左サイドバックに入り、宮川、清家、千葉、井上がポジションを入れ替えた。

ハーフタイムの修正によって後半は相手に攻撃機会を与えず、より相手陣内でのプレータイムを増やしていく。さらに、フレッシュな北川が左サイドで積極的な仕掛けを見せ、攻撃にアクセントを加えていく。

押し込む状況が続く中、57分には左サイドでの細かい繋ぎから波状攻撃に持ち込むと、ボックス右でシュートを放った清家が素早い切り替えでDFに寄せると、クリアをブロックしたボールが再び相手DFにディフレクトし、泥臭い形から後半最初のゴールが決まった。

その後、67分には宝田と上野を下げて、乗松瑠華と今大会初出場の菅澤優衣香を同時投入。すると、この交代策が4点目をもたらす。鮮やかなダイレクトのパス交換からボックス右に抜け出した宮川がゴール前で潰れると、こぼれ球に反応した菅澤が冷静にシュートを流し込んだ。

この4点目で勝利を決定づけたなでしこは、危なげなく試合をコントロール。菅澤が前線でボールを収めて中盤の選手の攻撃参加を促し、三浦がクロスバー直撃のシュート、猶本も再三の攻撃参加でチャンスに絡んだ。

結局、5点目を奪うことはできなかったものの、4-1のスコアを維持したまま試合をクローズした。

2連勝で大会連覇に王手をかけたなでしこは、26日に再び県立カシマサッカースタジアムで中国女子代表との最終戦に臨む。

なでしこジャパン 4-1 チャイニーズタイペイ女子代表
【なでしこジャパン】
千葉玲海菜(14分)
上野真実(45分+2)
清家貴子(57分)
菅澤優衣香(72分)
【チャイニーズタイペイ】
スー・シンユン(8分)

◆なでしこジャパン
GK:平尾知佳(新潟)
DF:清家貴子(浦和)、宝田沙織(リンシェーピング)[→乗松瑠華(大宮)]、林香奈絵(千葉)[→高平美憂(仙台)]、宮川麻都(東京NB)
MF:井上綾香(大宮)、猶本光(浦和)[→杉田亜未(相模原)]、三浦成美(東京NB)、中嶋淑乃(広島)[→北川ひかる(新潟)]
FW:千葉玲海菜(千葉)、上野真実(広島)[→菅澤優衣香(浦和)]