チェルシーからインテルにレンタルで復帰したベルギー代表FWロメル・ルカク(29)だが、2023-24シーズンもレンタル継続で合意済みのようだ。イギリス『テレグラフ』や『スポーツ・メール』が報じている。

ルカクは昨夏、1億3000万ユーロの移籍金でチェルシーに復帰。しかし、期待されたような結果は残せず公式戦43試合の出場で15ゴールを挙げるに留まった。

そして今夏、レンタル料700万ユーロ(約9億7000万円)、アドオン300万ユーロでインテルに復帰していたが、来季もインテルにレンタルの形で在籍することが決まっているとのことだ。

1億ユーロを超える移籍金を支払えないインテルと、トーマス・トゥヘル監督の下では出番が見込めないチェルシーの思惑が一致してのレンタル延長だと、イギリスの2メディアは報じている。