今夏マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が既定路線と見られていたオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(25)だが、バルセロナのジョアン・ラポルタ会長が本人の意思を確認したいと明かした。

アヤックスで指揮を執っていたエリク・テン・ハグ監督が就任したユナイテッド。当時の教え子であるデ・ヨングの獲得は予てから噂され、サラリー問題、クラブの財政問題を抱えるバルセロナは売却に応じると見られてきた。

一時は移籍金7500万ユーロ(約104億3000万円)、ボーナス1000万ユーロ(約14億円)で合意したという報道もあったなか、バルセロナはオファーを受け入れていないことを明確に主張。デ・ヨングを売却する気がないとしている。

そんな中、ラポルタ会長は『ESPN』に対して、クラブの考えを明かし、デ・ヨング本人が何を希望しているのかを話し合いたいとした。

「フレンキー・デ・ヨングは我々の選手だ。彼が大好きだ。いくつかのオファーを受け取ったが、今のところは受け入れていない」

「彼と話をし、彼が何を望んでいるのかを正確に知りたい。また、彼の状況を明らかにする必要もある」

まずは選手本人の希望を直接確認したいと語ったラポルタ会長。移籍を望むのか、残留を望むのか。まだまだどちらに転んでもおかしくなさそうだ。