LASKリンツのFW中村敬斗が開幕戦で結果を残した。

23日、オーストリア・ブンデスリーガの開幕戦をホームのライファイゼン・アレーナで迎えたLASKは、オーストリア・クラーゲンフルトと対戦し、3-1で勝利した。

[4-2-3-1]の左サイドハーフで先発出場を果たした中村は、1得点1アシストの活躍を見せた。

チーム全体で前線からプレッシャーを掛けて高い位置で奪い切り、ショートカウンターからゴール前まで運んだFWマリン・リュビチッチがスライディングに来た相手をかわしてシュート。ダフリ気味となって左に流れたボールを中村は右足でプッシュし、オープニングゴールを挙げた。

29分にもハイプレスから中村がチェックを掛け、ボックス手前左でマイボールにしたLASKは、素早く逆サイドまで展開して右のポケットを取ると、オーバラップをかけたDFフィリップ・ストイコビッチがクロス。ブロックされてこぼれたボールを拾ったMFトーマス・ゴイギンガーが左隅に流し込んだ。

日本人アタッカーは32分にもカットインから右足のフィニッシュを見せれば、40分にもCKの波状攻撃から左ポストわずか外の惜しいシュートを放つなど積極性を見せる。後半に入っても推進力は衰えず、49分にはスペースの生じた左サイドへ抜け出し、ハイサイドから左足の高速クロスでリュビチッチのゴールをお膳立てした。

大量リードを奪ったホームチームは81分にMFペーター・ミホリが退場するアクシデントもありながら、相手の反撃を最終盤の1点にとどめて開幕戦で勝利。中村は84分までプレーをしている。

LASKリンツ 3-1 オーストリア・クラーゲンフルト

【LASK】
中村敬斗(前14)
トーマス・ゴイギンガー(前29)
マリン・リュビチッチ(後4)

【クラーゲンフルト】
マルクス・ピンク(後44)