今夏、ユベントスとの契約が満了を迎え、ローマに加入したアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラだが、加入会見でユベントス退団の真相を語った。

「10月には契約延長で合意に達していたが、ユーベから保留の旨を伝えられた。そして3月になってクラブからプロジェクト外だと言われた。それは経済面の問題ではなかった。クラブはアッレグリ監督と共に歩むことを選択したんだ。とはいえ、その選択に関して僕は問題に思っていないよ」

また、ローマ加入の決め手についてジョゼ・モウリーニョ監督の存在があったようだ。

「監督との信頼関係は目的を達成する上で非常に重要だ。トレーニングを通してお互いを理解している。モウリーニョ監督とは信頼関係があるよ」