26日、「スカパー!」が「22-23シーズン開幕&ジャパンツアー2022発表イベント」を行った。

「スカパー!」がは2020-21シーズンから、2024-25シーズンまで、ブンデスリーガの独占放送権・配信権を持っており、2022-23シーズンも独占で放送する。

今シーズンはドイツ1部に9名の日本人選手が在籍予定(7/26時点)で、白熱した戦いが繰り広げられることとなる。

そんな中、11月には日本代表MF鎌田大地、MF長谷部誠が所属するフランクフルトの来日が決定。「ブンデスリーガジャパンツアー2022 powerd by スカパーJSAT」として、浦和レッズ、ガンバ大阪と対戦することが発表された。

長谷部にとってはプロデビューした古巣である浦和、鎌田大地にとってはジュニアユース時代を過ごしたG大阪と、縁のあるクラブとの対戦となった。

イベントでは、ジャパンツアーについての話の他、「Jリーグラボ」特別版として、Jリーグの野々村芳和チェアマンとオンラインで参加した長谷部が特別対談を実施した。

対談では、今シーズンもブンデスリーガで最も長くプレーしている選手としてプレーする長谷部がここまでドイツで戦い続けている理由や、自身のプレースタイルの変化について変化。Jリーグではドリブラーとして攻撃的な選手としてプレーしていた長谷部だったが、「1、2カ月で諦めました」と、ドリブラーとして生きていくことを早々に難しいと感じたと明かし、「自分のプレースタイルどうこう、強みどうこうという前に、チームで自分が生き残るために、チームが勝つためにどうしたら良いかを優先してきた」と、変化を遂げたことで、長くプレーを続けていると語った。

また、ドイツ挑戦の裏話についても明かし、「イタリアのクラブが1つあって、あとは浦和に残ることも考えられた」とコメント。そのなかでヴォルフスブルクへと移籍を決めた理由については「マガト監督が僕を欲しいと思ってくれているという情報があって、監督に欲しいと思ってくれていることが大きかったのと、ドイツと合いそうだなという感覚です」と、ブンデスリーガに挑戦した理由を明かした。

浦和との親善試合については「浦和のサポーターの前でプレーするというのは、自分としても本当に特別なことだし、そういう機会があるというのは、感慨深いというのがあります」と、楽しみにしていると明かした。

また、今夏シャルケへと完全移籍した日本代表DF吉田麻也もオンラインで登場。ブンデスリーガジャパンサポーターのROLANDさんも登場し、特別トークセッションを実施。ROLANDさんからは鋭い質問がいくつも飛び、新人恒例の歌も歌ったと吉田がコメント。「オーストリアのキャンプで歌を歌わされました。日本の曲をと言っていたんですが、『スタンド・バイ・ミー 』を歌いました」とコメント。流行りの『ドラえもんのうた』ではなかったようだ。

チームからの信頼も厚く、内田篤人や板倉滉がいたこともあり、日本人への期待が大きいということ。「内田選手と板倉選手が作り上げた日本人の評価が凄く高く、僕もすんなり入りやすくしてもらいましたし、僕自身も日本人のブランドを落とさず、今まで以上に高めたいと思います」と、後輩にもつなげていく活躍をしたいと誓った。

ブンデスリーガは8月5日に開幕。長谷部と鎌田が所属するフランクフルトは、10連覇中のバイエルンとオープニングマッチで対戦する。