ユベントスは26日、ウェールズ代表MFアーロン・ラムジーとの契約を双方合意の下で解除したことを発表した。

ラムジーは2019年夏、アーセナル退団後、フリーでユベントスに加入。年俸700万ユーロを受け取り、2023年6月まで契約を結んでいたが、マッシミリアーノ・アッレグリ監督の下では昨季、セリエA3試合、チャンピオンズリーグ2試合のみの出場にとどまっていた。

そして1月にはレンジャーズにレンタル移籍していた。

そのラムジーに対し、ユベントスは300万ユーロ(約4億1000万円)の違約金を支払って契約解除に至ったとのことだ。

ラムジーはユベントスでの在籍3年半で公式戦69試合に出場。6ゴール6アシストを記録した。