バルセロナは26日、ハビエル・サビオラ氏(40)をフベニールA(U19チーム)のアシスタントコーチに任命したことを発表した。

サビオラ氏は現役時代、アルゼンチン代表やバルセロナでストライカーとして活躍。2001〜04、2006-07シーズンと4季在籍したバルセロナでは公式戦172試合に出場して72ゴールをマークした。

2016年1月に現役引退後はフットサルで活躍したが、この度古巣バルセロナにコーチとして帰還することになった。

フベニールAはオスカル・ロペス氏が監督を務めており、サビオラ氏は副官として若手の指導にあたることになる。