来日が決定したフランクフルトの日本代表MF鎌田大地の告知映像が話題になっている。

鎌田と元日本代表MF長谷部誠が所属するフランクフルトは、「ブンデスリーガジャパンツアー2022 powerd by スカパーJSAT」で11月に来日することが決定。浦和レッズ、ガンバ大阪と対戦することが発表された。

鎌田にとってはジュニアユース時代を過ごしたG大阪、長谷部にとってはプロデビューした古巣である浦和と、縁のあるクラブとの対戦となった。

フランクフルトは来日決定に合わせてクラブのSNSで告知映像を公開。日本人選手2人も登場したが、鎌田は「コンニチハ、ニホンノミナサン」となぜかカタコトで挨拶。一方の長谷部は「アイントラハト・フランクフルトの日本ツアーお楽しみに」と日本のファンに呼びかけている。

鎌田のカタコトには多くのファンが反応。「鎌田が日本語カタコトなの想像以上におもろい」、「なんで鎌田ちょっとカタコトなんだよ」、「鎌田日本語忘れそうになってるやん!そんくらい頑張ってるんだよね」、「鎌田のカタコトがおもしろくて何回も見た」と笑いを誘っている。

2021-22シーズンのヨーロッパリーグ王者でもあるフランクフルト。ジャパンツアーでは11月16日にさいたまスタジアム2002で浦和と、19日にパナソニックスタジアム吹田でG大阪と対戦する。