マンチェスター・ユナイテッドは27日、アヤックスからアルゼンチン代表DFリサンドロ・マルティネス(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2027年6月30日までとなるが、さらに1年の延長オプションが付随している。

なお、今月17日のクラブ間合意時にアヤックスが発表したしたところによれば、移籍金は5737万ユーロ(約80億1500万円)となり、ボーナス次第で最大1000万ユーロ(約14億円)が上乗せされることになるという。

アヤックスで指導を受けたエリク・テン・ハグ監督を続く形で、ユナイテッド加入が決定したアルゼンチン代表DFは、クラブ公式サイトを通じて新天地での意気込みを語っている。

「この偉大なフットボールクラブに加入できて光栄だよ。この瞬間のために懸命に働いてきたし、ここに来たからには、さらに自分を追い込んでいくつもりだ」

「僕はこれまで幸運にも成功を収めたチームの一員だった。マンチェスター・ユナイテッドでもそれを続けたいと思っているよ。この監督、コーチ陣の下、そして新しいチームメイトとなら、必ずやそれを成し遂げられると信じているよ」

「アヤックスとそのファンには、本当に感謝しているよ。アヤックスでは信じられないような時間を過ごすことができた。だけど、別の環境で自分を試すときが来たと感じているんだ。今、僕はそのための完璧なクラブにいるんだ」

リサンドロ・マルティネスは、ニューウェルズ・オールドボーイズの下部組織育ちで、母国のデフェンサ・イ・フスティカから2019年夏にアヤックスへと完全移籍した。

175cmのレフティーはアヤックスでセンターバックを主戦場に、守備的MFやサイドバックでもプレー。在籍期間に公式戦118試合に出場し6ゴール6アシスト。エールディビジで74試合6ゴール5アシスト、チャンピオンズリーグで19試合1アシストを記録していた。

高い身体能力と闘争心、プレーリードを武器に、アヤックス時代は屈強な守備者として知られていたが、よりフィジカルな戦いが求められるプレミアリーグでは、これまで通りにセンターバックとして起用されるのか、あるいは手薄な守備的MFが主戦場となるのか、その起用法にも注目が集まるところだ。

なお、ユナイテッドはここまでフェイエノールトのオランダ代表DFタレイル・マラシア、ブレントフォードのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンを確保しており、リサンドロ・マルティネスが3人目の新戦力となる。

ランパード、ロベカル、ミチェル・サルガドら
CLで活躍したLEGENDたちがサカつくRTWに登場!
>詳しくはこちら