日本代表のMF藤田譲瑠チマが、EAFF E-1サッカー選手権を振り返った。

27日に韓国代表と対戦した日本。勝てば優勝というシンプルな構図だった中で、後半立ち上がりの49分、藤田の正確なクロスからFW相馬勇紀がヘディングシュートを突き刺し先制に成功する。

これで勢いがついた日本は、63分にはCKからDF佐々木翔が追加点。72分には見事な崩しからFW町野修斗が3点目を決めて、3-0で快勝した。

この結果、4大会ぶり2度目のE-1制覇を成し遂げた日本だが、その中で収穫だったのが藤田だ。今大会初戦の香港代表でA代表デビューを果たした藤田は、韓国戦では堂々たるプレーで中盤に君臨。攻守の切り替えの早さ、ボールプレーの安定感が光り、サムライブルーのダイナモとして活躍した。

とりわけ後半のプレーには本人も手応えを感じているようで、大会を通じて結果を残すことができたと自負した。

「初めてのA代表だったので、とりあえずがむしゃらに取り組もうと。目の前の試合をこなす中で、結果を残すことはできたのかなと思います」

「韓国戦は、後半は結構余裕を持ってプレーできたんですけど、前半はなかなか自分のところでテンポを出すプレーができてなかった印象でした。でも、前半にチームとして耐えられたっていうのが自分の中に自信につながり、後半に勢いを持って入れたのかなと」

「今日できたことは、特に後半は自分のところでテンポを出したり、得点に結びつくようなパスだったり、自分で持ち運んだりするボックス・トゥ・ボックスのプレーです。逆に奪い切れるとことで奪い切れなかったことや、攻撃のところでバックパスが多かったことは課題です」

今回のE-1でかなり評価を高めた藤田だが、自身のカタール行きについてはチャンスはないだろうときっぱり。今大会で得た経験を今後のクラブでの活動に活かしたいと、将来を見据えたコメントを残した。

「まあ、行けたらいいですけど。そんなに簡単な壁ではないと思うので、この大会が良かったから選ばれるとは思っていません。この大会をきっかけに自信がついたので、Jリーグでの活躍を続けて、そういう日々を評価されて選ばれれば嬉しいなと思います」

ランパード、ロベカル、ミチェル・サルガドら
CLで活躍したLEGENDたちがサカつくRTWに登場!
>詳しくはこちら