レアル・マドリーのU-23ブラジル代表MFヘイニエル(20)だが、移籍先がなかなか決まらない事態となっている。

ヘイニエルは2020年1月にフラメンゴからレアル・マドリーへと完全移籍。2020年8月には2年間のレンタル移籍でドルトムントへと武者修行に出ていた。

外国人枠の関係もありレンタルに出されたヘイニエルだったが、2シーズンで出場した試合は39試合。1ゴール1アシストという結果に終わり、両クラブにとっても、ヘイニエルにとってもプラスに働いたものとはならなかった。

マドリーは新シーズンもEU圏外枠の3枠は埋まっている状況。その中で、予てから移籍先として浮上していたのはベンフィカだった。

スペイン『アス』によると、ベンフィカは買い取りオプション付きのレンタル移籍を希望しオファーを出しており、すんなり決まるものかと思われていたが、条件面で合意に至らなかったようだ。

1つはベンフィカとマドリーの間でのヘイニエルの給与の配分について。そしてもう1つが、買い取りオプションの値段だったという。ベンフィカは手頃な価格を希望しており、マドリーは手頃な価格を提案したが、両者の開きがあったようだ。

これによりベンフィカはヘイニエル獲得から撤退。そして、他のオファーはほとんどないという。

マドリーの北米ツアーにも参加せず、移籍のために残ったが、一向にエージェントからの電話はないとのこと。レンタル移籍になるとしても、プレーしなければいけない状況だ。

可能性があるとすれば、現時点ではトリノとレアル・バジャドリーとのこと。あとはスポルティングCP、ポルトのポルトガル勢も関心は示しているようだ。

ただ、ヘイニエルはイタリアでのプレーは望んでいないとされ、バジャドリーが優位な立場だが、金銭面がネックになっているという。

ランパード、ロベカル、ミチェル・サルガドら
CLで活躍したLEGENDたちがサカつくRTWに登場!
>詳しくはこちら