エバートンが、パリ・サンジェルマン(PSG)のセネガル代表MFイドリサ・グイエ(32)の獲得に興味を示しているようだ。フランス『レキップ』が報じている。

グイエは2019年1月にエバートンから加入。ここまで攻撃的なチームのバランサー役として、公式戦111試合に出場。多くの国内タイトルやチャンピオンズリーグ決勝進出に貢献してきた。

しかし、ポルトガル代表MFヴィティーニャの獲得に加え、中盤の補強を画策するチームにおいては、オランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムらその他の選手と共に放出リストに名を連ねている状況だ。

グイエ自身は2023年夏までとなっている現行契約を全うしたい意思を持っているが、11月にカタール・ワールドカップを控えていることもあり、シーズンがスタートしてからの“飼い殺し”は避けたい考えだ。

すでにガラタサライなど幾つかのオファーを断っているが、ここに来て古巣であるエバートン復帰の可能性が浮上しているようだ。

昨シーズン、ギリギリでのプレミアリーグ残留を決めたエバートンでは、元イングランド代表MFファビアン・デルフの退団によって中盤の枚数が薄くなっており、2016年から2019年までの在籍期間に中盤の主力を担ったベテランMFを補強の候補の一人として考えているようだ。

ただ、現時点ではクラブ間、個人間の双方において交渉は進展しておらず、今後具体的な話し合いが行われることになる模様だ。

ランパード、ロベカル、ミチェル・サルガドら
CLで活躍したLEGENDたちがサカつくRTWに登場!
>詳しくはこちら