バレンシアは28日、アトレティコ・マドリーのブラジル人FWサムエウ・リーノ(22)をレンタル移籍で獲得することを発表した。

2019年にジル・ヴィセンテと自身初のプロ契約を結んだサムエウ・リーノは、デビューシーズンから主力に定着し、ここまでの3シーズンで公式戦99試合26ゴール1アシストを記録。MF藤本寛也らと共に攻撃を牽引してきた。

アトレティコが今冬の段階から獲得に動いていた22歳FWは、左ウイングを主戦場に前線の複数ポジションでプレー可能な170cmのアタッカー。スピードとドリブルテクニックを最大の特長に、チーム内ではPKキッカーを任されるなど、シュート精度やメンタルの強さも備える。

今夏アトレティコへ5年契約で完全移籍。即レンタルという形になった。

ランパード、ロベカル、ミチェル・サルガドら
CLで活躍したLEGENDたちがサカつくRTWに登場!
>詳しくはこちら