清水エスパルスは29日、浦和レッズサポーターによる違反行為について声明を発表した。

清水によると、16日にIAIスタジアム日本平で行われた明治安田生命J1リーグ第22節の試合で、浦和サポーターによる重大な違反行為が認められたという。

清水が報告した違反行為は以下の7つ。新型コロナウイルスのガイドライン違反の他、近隣への迷惑行為など多岐にわたる。

【違反行為】
①Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインへの違反行為
・サポーター中央の集団でマスクを着用せず応援を続ける行為
※ビジター内スタッフが注意しても聞き入れられず、浦和レッズスタッフから注意頂くも試合終了後まで改善されることはなかった

②喫煙禁止場所(場内)にて喫煙、吸い殻の投げ捨てが行われた
※スタジアム場内全面禁煙

③弊クラブ選手・スタッフに対しての威嚇行為(罵声・怒声など暴言)・運営妨害行為

④おもいやりシャトルバス(※.1)内での乗車のお客様に対して危険・挑発行為

⑤通行を認めていない車両2台が試合日管理エリアへの不法侵入、違法駐車。対応した警備員の制止を振りって進入した危険行為。その後、同サポーター2台が、近隣の私有地駐車場に許可なく駐車し、通報を受ける

⑥ごみの不法投棄(場外指定電子喫煙所内の灰皿上部を外し、灰皿内にゴミの廃棄を行う)

⑦ビジター2階席最前列中央部で、クラブパートナー看板に横断幕を掲出し覆う行為

※1、おもいやりシャトルバスとは、昨年7月に導入したサービスで、対象が車椅子使用者、歩行時に松葉杖等の杖が必要な方、妊婦等、歩行が不自由な方を対象として提供しているサービス

清水は「観戦ルールの順守および新型コロナウイルス感染症防止への協力が得られず、誠に遺憾に思います」とし、「今回のサポーターによる違反行為については、Jリーグで定める統一基準に照らし合わせ対処して参ります」としている。

また、「主管クラブといたしまして、上記の各違反行為を防止できず、運営体制につきましても十分でなかったこと、当行為に対してご迷惑をおかけしたご来場者の皆様に改めてお詫び申し上げます。今後も、試合開催方針・観戦方法(運営プロトコル)をしっかり周知し、ご来場される皆様が、安心・安全な観戦を行えるようクラブとしても努めて参ります」と謝罪している。

浦和は度重なる「声出し応援」の違反により2000万円の罰金が科されているが、この清水での問題行動での処分はどうなるのか注目が集まる。

ランパード、ロベカル、ミチェル・サルガドら
CLで活躍したLEGENDたちがサカつくRTWに登場!
>詳しくはこちら