【明治安田生命J1リーグ第23節】
2022年7月30日(土)
19:00キックオフ
ガンバ大阪(16位/21pt) vs 京都サンガF.C.(12位/25pt)
[パナソニック スタジアム 吹田]

◆世界を知った基準で戦えるか【ガンバ大阪】

中断前のリーグ戦は3連敗。4戦未勝利と最悪な状況で終えていたG大阪。特に、ダービーでの土壇場黒星は大きくのしかかったはずだ。

そんな中、中断期間はパリ・サンジェルマン(PSG)との試合。フレンドリーマッチとはいえ、G大阪の選手たちにお祭り感はなく、むしろ真剣に世界トップクラス相手に挑んだ。

結果は2-6と大敗したが、流れの中から2度もゴールをこじ開ける展開に。PSGに対して一番点を取ったことは攻撃で頭を抱えているG大阪にとっては朗報と言えるだろう。

また、GK東口順昭はビッグセーブ連発で存在感を発揮。また、強度高く試合に入りアグレッシブにボールを奪えたことは、フレンドリーマッチといえどもPSG相手には自信になったはずだ。

相手の京都はより走るチーム。強度も上げなければ飲まれることは大いに考えられる。ただ、世界を体感した選手たちは、その基準をJリーグでも出せるかどうか。経験を生かせれば、道は開けるだろう。

★予想スタメン[3-4-2-1]
GK:東口順昭
DF:福岡将太、三浦弦太、昌子源
MF:小野瀬康介、齊藤未月、ダワン、黒川圭介
MF:石毛秀樹、食野亮太郎
FW:鈴木武蔵
監督:片野坂知宏

◆選手変われど、やること変わらず【京都サンガF.C.】

後半戦の5試合は1勝2分け2敗とどちらともいえない状況。ただ、中断期間中にチーム内では選手が大量に新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を示し12名に。スタッフも9名が罹患した。

全くもって、誰が起用できるのかは不明。これまでに見たことがない並びになる可能性も大いに考えられるだろう。

ただ、選手が変わったからといってやることが変わるわけではない。アグレッシブなプレス、ゴールに向かっていく姿勢は誰が出ても同じ。いる選手で最高のパフォーマンスを出すのみだ。

良い守備から良い攻撃というところで、起用できる選手の個性をどこまで出せるのか。曺貴裁監督の腕の見せ所と言えそうだ。

★予想スタメン[4-3-3]
GK:上福元直人
DF:飯田貴教、アピアタウィア久、麻田将吾、荒木大吾
MF:福岡慎平、川崎颯太、武田将平
FW:山田楓喜、ピーター・ウタカ、大前元紀
監督:曺貴裁

ランパード、ロベカル、ミチェル・サルガドら
CLで活躍したLEGENDたちがサカつくRTWに登場!
>詳しくはこちら