エミレーツ・カップ、アーセナルvsセビージャが30日に行われ、6-0でアーセナルが圧勝した。アーセナルのDF冨安健洋は欠場している。

6日前に行われたチェルシー戦を4-0と快勝したアーセナルは、1週間後にプレミアリーグ開幕を控える中、ガブリエウ・ジェズスとジンチェンコの新戦力が引き続きスタメンに名を連ね、復帰が目された富安はこの試合も欠場となった。

一方、ラ・リーガ開幕まで2週間のセビージャはクンデがバルセロナに旅立った中で昨季の主力が名を連ね、3トップはエン=ネシリ、ラメラ、コロナが形成した。

共に[4-3-3]でスタートした中、アーセナルは3トップに右からサカ、ジェズス、マルティネッリと並べた。

そのアーセナルが攻勢をかける入りとなると8分、ウーデゴールの浮き球パスをボックス内で受けたサカがレキクに倒されてPKを獲得。このPKをサカが自ら決めてアーセナルが先制した。

さらに13分、アーセナルが一気にリードを広げる。ジェズスのパスでボックス左に侵入したジャカがクロスを入れ、マルティネッリがプッシュ。GKにセーブされるもルーズボールをジェズスが押し込んだ。

止まらないアーセナルは15分、左サイドからカットインしたマルティネッリのインスウィングクロスをファーサイドのジェズスがボレーで合わせて3-0。そして19分にはGKブヌのキックミスを突いてそのままサカが蹴り込み4-0とした。

その後も圧倒したアーセナルは42分、ジェズスとウーデゴールが立て続けにGK強襲のシュートを浴びせて5点目に迫った中、ハーフタイムに入った。

迎えた後半、セットプレーからゴールに迫るシーンを作ったセビージャだったが、時間の経過とともに前半同様、アーセナルが押し込む展開としていった。

そして77分、左CKの流れからルーズボールをジェズスが押し込んでハットトリック達成。88分にはエンケティアも決めて6-0としたアーセナルが圧勝でプレミアリーグ開幕に弾みを付けている。

アーセナル 6-0 セビージャ
【アーセナル】
サカ(10分[PK])
ガブリエウ・ジェズス(13分)
ガブリエウ・ジェズス(15分)
サカ(19分)
ガブリエウ・ジェズス(77分)
エンケティア(88分)



ランパード、ロベカル、ミチェル・サルガドら
CLで活躍したLEGENDたちがサカつくRTWに登場!
>詳しくはこちら