サレルニターナは30日、インテルからU-21イタリア代表DFロレンツォ・ピロラ(20)をレンタル移籍で獲得した。

なお、今回の契約にはサレルニターナに移籍金500万ユーロ(約6億8000万円)の買い取りオプション、それを行使した場合、インテルに移籍金800万ユーロ(約11億円)の買い戻しオプションが与えられる条項が盛り込まれている。

インテルの下部組織で育ったピロラは、2020年7月に行われたセリエA第33節のSPAL戦でトップのチームデビュー。翌シーズンはセリエBに昇格したモンツァにレンタル移籍すると公式戦16試合に出場した。

2020-21シーズン終了後にインテルへ復帰したピロラだが、昨夏に再びモンツァへレンタル移籍。昨季はヒザのケガのためシーズン前半を棒に振ったが、今年2月に復帰すると14試合に出場し、チームのプレーオフ進出に貢献した。

サレルニターナへの移籍が決まったピロラは、自身のインスタグラムで「新しい冒険に喜びと興奮を感じている」とコメントしている。