DFBポカール1回戦の11試合が、30日にドイツ各地で行われた。

浅野拓磨の所属するボーフムは、4部に所属する1889ベルリンとアウェイで対戦し3-0で勝利した。試合は18分にシモン・ツォラーのゴールでボーフムが先制すると、22分にはボックス左から侵入したホルンの折り返しを中央でホフマンがトラップ。浮いたボールを走りこんだ浅野が左足で流し込んだ。

ハーフタイムで浅野を下げたボーフムは、後半にもホフマンが追加点を挙げるなど危なげない試合運びで順当に2回戦へ駒を進めた。

また、田中碧の所属するデュッセルドルフは、アウェイで4部に所属するオッフェンバッハと対戦し4-1で勝利した。前半にA・ホフマンのゴールで先制したデュッセルドルフは、後半立ち上がりにもペテルソンが追加点を奪取。

その後、71分と79分にギンチェクがゴールネットを揺らすなど、4発完勝で2回戦進出を決めた。なおm田中はフル出場している。

そのほかではエルフェアスベルク(4部)が今ラウンド最大の番狂わせを起こし、ドイツ国内で大きな話題を集めることに。昨季ブンデス3位のレバークーゼンと対峙したエルフェアスベルクは、開始早々のゴールで先制すると、その後の壮絶な打ち合いを制し、4-3でレバークーゼンから大金星を挙げた。

なお、30日に開催された結果および1回戦の日程一覧は以下の通り。

◆DFBポカール1回戦 日程&結果
7/30(土)
1889ベルリン(4部) 0-3 ボーフム
19シュトラーレン(4部) 3-4 ザンクトパウリ(2部)
バイロイト(4部) 1-3 ハンブルガーSV
レーゲンスブルク(2部) 0-0(PK:4-3) ケルン
リューベック(4部) 1-0 ハンザ・ロストック(2部)
イラーティッセン(4部) 0-2 ハイデンハイム(2部)
エルフェアスベルク(4部) 4-3 レーバークーゼン
ヴェルニゲローデ(4部) 0-10 パーダーボルン(2部)
シュツットガルト・キッカーズ(4部) 2-0 グロイター・フェルト(2部)
オッフェンバッハ(4部) 1-4 デュッセルドルフ(2部)
イェーナ(4部) 0-1 ヴォルフスブルク

7/31(日)
SWレーデン(4部) vs ザントハウゼン(2部)
ブレーマーSV(4部) vs シャルケ
ショット・マインツ(4部) vs ハノーファー(2部)
レーディングハウゼン(4部) vs ホッフェンハイム
オーバーアハーン(4部) vs ボルシアMG
ローネ(4部) vs アウクスブルク
カイザースラウテルン(2部) vs フライブルク
エンガース(4部) vs ビーレフェルト
マンハイム(4部) vs ホルシュタイン・キール(2部)
エルツゲビルゲ(2部) vs マインツ
ブラウンシュヴァイク(3部) vs ヘルタ・ベルリン

8/1(月)
コットブス(4部) vs ブレーメン(2部)
ケムニッツ(4部) vs ウニオン・ベルリン
マクデブルク(3部) vs フランクフルト
インゴルシュタット(2部) vs ダルムシュタット(2部)

8/30(火)
オッテンセン1905(4部) vs ライプツィヒ

8/31(水)
ヴィクトリア・ケルン(4部) vs バイエルン

7/29(金)
ディナモ・ドレスデン(2部) 0-1 シュツットガルト
ノイシュトレーリッツ(4部) 0-8 カールスルーエ(2部)
カーン=マリエンボルン(4部) 0-2 ニュルンベルク(2部)
1860ミュンヘン(3部) 0-3 ドルトムント