JリーグがSNSに投稿した1本の動画が大きな反響を呼んでいる。

30日、明治安田生命J1リーグ第23節の8試合が各地で行われた。

この日は、首位の横浜F・マリノスと2位の鹿島アントラーズの首位攻防戦が開催。横浜FMにとっては、「30周年記念OBマッチ」が開催され、クラブマスコットのマリノス君がJ1通算500試合出場を達成するなどした中、もう1つ大きな意味を持つ試合だった。

それは昨夏加入し、今季は躍動して10年ぶりに日本代表に復帰したものの、韓国代表戦で負傷した宮市亮について。キャリアを通じて、度重なる負傷を経験してきた中、再びヒザに重傷を負い、手術を受けることとなったのだ。

試合は横浜FMが2-0で快勝。すると、試合後には離脱する宮市が選手たちとピッチ上で抱擁。その様子をJリーグ公式アカウントがアップした。

選手たちと抱き合う宮市の目には涙が。横浜FMのチームメイトも、復帰を願う激励を行い、スタンドのファンからも大きな拍手が贈られた。

試合前にはサポーターからも激励の横断幕が出され、宮市もこれには感謝。勝利の後には、みんなで記念撮影も行っていた。

この投稿には「私も泣いた」、「必ず帰ってきてください!」、「宮市頑張って」、「素晴らしいシーン」、「みんな応援してる」と、ここでも宮市を励ますコメントが相次ぐことに。若い頃から大きな期待をかけられ、ケガに打ち勝ちながらキャリアを続けてきた宮市へのエールは止まなかった。