FC東京のアダイウトンがゴラッソでチームに3ポイントをもたらした。

FC東京は30日、明治安田生命J1リーグ第23節でサンフレッチェ広島とエディオンスタジアムで対戦。2-1と、逆転勝ちを収めた。

日本代表としてEAFF E-1サッカー選手権を制したMF森島司に強烈なゴラッソを浴びて先制を許すも、負けじとMF松木玖生のお膳立てからFWディエゴ・オリヴェイラが鮮烈な一撃を叩き込み、同点のまま後半のアディショナルタイムに突入。勝負を決めたのは快速アタッカーの美しいループシュートだった。

タイトな守備でボールを奪ったFC東京は左に張っていたブラジル人へ。ボールを託されたアダイウトンは今津佑太とのマッチアップをものともせずにハーフウェーライン付近からひたすら縦へと突破。ボックス左まで侵入すると、GK大迫敬介の意表を突く左足のチップキックで仕上げ切った。

味方のボール奪取を信じ、カウンターに備えていたアダイウトン。持ち味全開のプレーには「スペース大好物の重戦車」、「これまたすごいプレーが」、「一人で全部やっちゃうもん」、「キレキレの大活躍」、「感動」、「クロスミスかと思ってた。よく見たら狙ってる」など、多数の賛辞が届いている。

アダイウトンはディエゴ・オリヴェイラの同点ゴールの際にも、起点となった速攻をけん引。試合の最終盤でもタスクを果たし、チームを連勝に導いている。