チェルシーからの退団を希望していることが明らかになっているドイツ代表FWティモ・ヴェルナー(26)だが、行き先はレアル・マドリーになる可能性があるようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。

RBライプツィヒで得点を量産。ブンデスリーガ屈指の点取り屋として成長したヴェルナーは、2020年7月に鳴り物入りでチェルシーへと完全移籍で加入する。

大きな期待が寄せられていたヴェルナーだが、2シーズンを過ごしたチェルシーでは公式戦89試合で23ゴール21アシスト。プレミアリーグでは56試合でわずか10ゴールと淋しい結果となっている。

トーマス・トゥヘル監督も最初は重宝したヴェルナーだったが、昨季は得点力不足を考えベルギー代表FWロメル・ルカクをインテルから獲得。ヴェルナー、ルカクともに昨季は活躍できなかったが、ヴェルナーは大きく期待を裏切り続けていた。

その中で、ヴェルナーは今夏の退団を希望していることが発覚。チームとしても確保しておきたいわけではないチェルシーは、ヴェルナーを売りに出すことを考えている。

そこで浮上したのがマドリーだ。絶対的な存在であるフランス代表FWカリム・ベンゼマがおり、ブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールやFWロドリゴ・ゴエスはいるものの、ストライカー不足な状況。セルビア代表FWルカ・ヨビッチは退団し、FWボルハ・マジョラルはヘタフェへの移籍が迫っている中、ドミニカ代表FWマリアーノ・ディアスが唯一のバックアッパーとなっている。その駒不足のところにチェルシーが売り込んでいるという。

スペイン『カデナ・セル』によると、移籍金は3500万ユーロ(約47億4500万円)になる見込みとのこと。また、その金額での買い取りオプション付きのレンタル移籍の可能性もあるといい、その場合には別途レンタル料を取るとのことだ。

一方で、ニューカッスルもヴェルナー獲得に興味を示している他、古巣のライプツィヒも復帰を検討しているとのこと。カルロ・アンチェロッティ監督はもう補強はないとしていたが、バックアッパーとして獲得する可能性はゼロではなさそうだ。