ヴィッセル神戸は3日、トップチーム関係者1名が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けたことを報告した。

当該者1名は、2日に実施した自主PCR検査にて陽性判定に。現在、本人に発熱や体調不良などの症状はなく、適切な対策のもと、療養中とのことだ。

当該者の行動履歴からJリーグ独自の濃厚接触疑い基準により、他のトップチーム関係者に濃厚接触者は特定されなかったという。

また、陽性判定となった関係者以外で新型コロナウイルス感染症や風邪の症状等を訴えているものもいない。

なお、3日に予定されているJリーグYBCルヴァンカップ準々決勝第1戦、アビスパ福岡戦は、Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインに基づき、両チームともに試合当日スクリーニング検査を実施し、エントリー下限人数を満たしたため予定通り開催される。