6日、ジュピラー・プロ・リーグ第3節のコルトレイクvsシント=トロイデンが行われ、0-0のゴールレスドローに終わった。

コルトレイクのDF渡辺剛は先発フル出場。シント=トロイデンのGKシュミット・ダニエル、DF橋岡大樹、MF香川真司、FW林大地は揃って先発出場を果たした。

2試合で1勝1敗のコルトレイクと、いずれも1-1の引き分けに終わっているシント=トロイデンの一戦。シント=トロイデンとしては、今季初勝利が欲しい一戦となった。

立ち上がり1分、コルトレイクはロングボールに抜け出したパペ・グイエがGKと一対一になるが、これはウォーク・ヤンセンスが戻ってクリアする。

いきなりヒヤリとしたシント=トロイデンだったが、ボールを繋いでチャンスを窺っていく。13分には、左サイドでボールを持ったアミーン・アル・ダヒルがスルーパスを供給。林がボックス内で相手を背負いながら受けて折り返すも、これはクリアされる。

直後のCKからは、香川のクロスをモリー・コナテがヘッドで合わせるもゴールならず。19分にはボックス手前からの橋岡のクロスにジャンニ・ブルーノがヘッドで合わせるも、枠を超えていく。

ポゼッションは60%を超えるシント=トロイデンだが、決定力を欠いてゴールを奪えず。対するコルトレイクはカウンターからチャンスを作ると、33分には自陣からの裏へのパス一本でディラン・ムバヨがGKと一対一に。しかし、GKシュミット=ダニエルがなんとか足でセーブして得点を許さない。

後半もシント=トロイデンがボールを握って攻勢をかけるがゴールは生まれず。80分には波状攻撃を見せた中、ボックス左からカットインしたフランク・ボヤが右足シュート。鋭いシュートがゴールに飛ぶが、これはポストを直撃。18本のシュートも実らず、0-0のゴールレスドロー。それでもシント=トロイデンは昨季から続く無敗を「12」とした。

コルトレイク 0-0 シント=トロイデン