【明治安田生命J1リーグ第24節】
2022年8月7日(日)
19:00キックオフ
川崎フロンターレ(6位/37pt) vs 横浜F・マリノス(1位/48pt)
[等々力陸上競技場]

◆苦境でもめげない王者【川崎フロンターレ】

前節はアウェイでの浦和レッズ戦で3-1と敗戦。消化試合が少ない状況とはいえ、首位との差が開く手痛い敗戦となった。

さらにミッドウィークにはYBCルヴァンカップでセレッソ大阪とドロー。チームとして結果が出ていない。

ただ、今の川崎Fは最大の窮地に立たされている。チーム内で相次いだ新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性者。関係者として発表されていた中、大半が選手であることが判明。浦和戦はベンチ入り5人でGKが3人、C大阪戦も7名がベンチ入りしたが3名がGKであることは変わらなかった。

2種登録選手もいなかったチームは急遽、来季から昇格が内定している2名を昇格させることに。まだまだ万全のメンバーが揃わない中、フィールドプレーヤーをしっかりと揃えることにした。

そんな中で迎えるのは首位の横浜FM戦。消化が2試合少ない状況だが、勝ち点差は「9」となっており、ここで勝たなければ厳しい事態になる。勝てば勝ち点で並ぶチャンスを得られるだけに、苦しい中でも勝利が欲しいところ。王者の意地をホームで見せたい。

★予想スタメン[4-3-3]
GK:チョン・ソンリョン
DF:瀬古樹、ジェジエウ、谷口彰悟、橘田健人
MF:脇坂泰斗、ジョアン・シミッチ、遠野大弥
FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、チャナティップ
監督:鬼木達

◆上位との連戦で突き放せるか【横浜F・マリノス】

前節は2位鹿島アントラーズとの直接対決で2-0と勝利。チームとしての完成度の高さを見せつけた横浜FM。対する鹿島はレネ・ヴァイラー監督が解任となった。

どんな状況でも、どんなメンバーが出てもチーム力を落とすことなく戦える今の横浜FMに隙はない。今節は消化が少なく暫定2位になる可能性もある川崎Fが相手。叩かなければいけない相手だ。

近年優勝を争い続ける両者による“神奈川ダービー”だが、ホームでの試合は4-2と快勝。シーズンダブルで優勝を手繰り寄せたいところだろう。

ミッドウィークのルヴァンカップでは10名を入れ替えた結果、サンフレッチェ広島に敗れたが、出場しなかった選手たちが万全の状態で臨めることは好材料。川崎Fよりもコンディションで優位に立てることは明白だ。

今日は誰がピッチに立ち、誰がヒーローになるのか。良い循環をチームとして見せられるかに注目だ。

★予想スタメン[4-3-3]
GK:高丘陽平
DF:松原健、岩田智輝、エドゥアルド、永戸勝也
MF:喜田拓也、西村拓真、藤田譲瑠チマ
FW:水沼宏太、アンデルソン・ロペス、エウベル
監督:ケヴィン・マスカット