元日本代表FW岡崎慎司(36)がベルギーに移籍する可能性があるようだ。ベルギー『Het Belang van Limburg』が報じた。

昨シーズンはセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)のカルタヘナに所属した岡崎。リーグ戦32試合に出場し2ゴール1アシストを記録していた。

しかし、6月30日で一旦契約が満了。現在はフリーの状態となっている。

今夏は日本でオフを過ごしたのち、ヨーロッパに戻るとドイツやインっグランド、フランスなどを訪れ、日本代表で共に戦った選手たちと再会を果たした姿をSNSで公開していた。

そんな中、現在岡崎はベルギーに滞在。香川真司の自宅に泊まり、朝から逆立ちをしている様子などが投稿されていた。

その岡崎だが、ベルギーにいる理由はシント=トロイデンのトレーニングに参加するためのようだ。

『Het Belang van Limburg』によると、8日からトレーニングに参加するとのこと。契約が関係するかどうかは別としているものの、ベルント・ホラーバッハ監督にアピールできれば、可能性もあるだろうと報じている。

ホラーバッハ監督は昨シーズンレンタル移籍で所属したFW原大智の復帰を望んでいる発言をしたが、アラベスに所属しており、去就は不透明。ただ、前線に選手を補強したいということには変わりない。

岡崎はこれまでシュツットガルトやマインツ、レスター・シティ、マラガ、ウエスカ、カルタヘナに所属。3カ国でプレー経験がある。

ブンデスリーガでは128試合で37ゴール8アシスト。プレミアリーグでは114試合で14ゴール7アシストに終わったが、前線からのハードな守備で“奇跡の優勝”に大きく貢献。またラ・リーガで25試合1ゴール1アシスト、セグンダ・ディビシオンで69試合14ゴール1アシストを記録。ウエスカではチームの昇格に貢献していた。

日本代表としても121試合で52ゴールを記録し、歴代最多得点者に。経験豊富な日本人ストライカーがベルギーの地でプレーすることになるのだろうか。