ブラジル代表FWハフィーニャのバルセロナ移籍に関して、代理人であるデコ氏が大きな役割を果たしていたようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。

先月13日にリーズからの加入が発表されたハフィーニャ。その1週間後に行われたプレシーズンマッチのインテル・マイアミ戦で先発でデビューを果たすと、25分の移籍後初ゴールをはじめ、前半の出場だけで1ゴール2アシストと早速結果を残した。さらに、続くレアル・マドリーとのエク・クラシコでは、ペナルティアーク右から左足でゴール右上隅に突き刺すスーパーゴールも。

早くも新天地で存在感を放つ25歳だが、多くのビッグクラブが関心を寄せていたこともあり、移籍金は相当なものに。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、固定額は5800万ユーロ(約80億円)で、各ボーナスを含めると最大6700万ユーロ(約92億4000万円)となる可能性があるという。

しかし、本来は7000万ユーロを超える取引になる見込みだったようだ。『ムンド・デポルティボ』によれば、代理人のデコ氏は513万ユーロと言われる手数料が支払われる手筈だったが、バルセロナ移籍を強く望む顧客のため、その受け取りを辞退したという。

レジェンドの素晴らしいアシストで獲得に漕ぎ着けたバルセロナ。だが、深刻な財政難により、ラ・リーガ新シーズンに向けた選手登録が滞っているようだ。