インテルはスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(27)をチームにとどめるべきであると、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が主張している。

今夏、しきりにパリ・サンジェルマン(PSG)移籍が報じられるシュクリニアル。現時点ではインテルが5000万ユーロ(約69億円)のオファーを拒否するも、それを受けたPSG側が新たなオファーを検討中と伝えられており、交渉成立の可能性は残されているものと考えられる。

だが、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、2つのポイントを挙げてインテルにシュクリニアル残留を呼びかけている。

まずプレシーズンマッチで露見した守備の懸念だ。インテルはリヨンやビジャレアル、モナコ、RCランス、ルガーノと対戦し、5試合で10失点。ケガ明けのシュクリニアルもコンディションが万全でなく、唯一スタメン出場したビジャレアル戦で4失点を喫するなど、守備に不安を残した状態でセリエA開幕を迎えることとなった。

しかし、インテルにとってシュクリニアルは唯一無二の存在。最終ラインはシュクリニアルを中心に構築すべきであり、もし放出すればこれまでの積み上げが台無しになる危険があると考えられている。

次に後釜となる選手への懸念だ。インテルは当初、トリノで昨季のセリエA最優秀DF賞を受賞したブラジル人DFグレイソン・ブレーメルをリストアップ。ブレーメル自身もインテル移籍に惹かれていたものの、最終的にはオランダ代表DFマタイス・デ・リフトの後釜としてユベントス入りを決断している。

現在はドルトムントのスイス代表DFマヌエル・アカンジ(27)を注視しているとのこと。だが、ドルトムント側が売却に消極的なうえ、獲得できたとしてもイタリアサッカーへの適応など不安要素が多いと分析されている。