ラツィオは8日、スペツィアからイタリア人GKイバン・プロベデル(28)を獲得したことを発表した。契約は5年間、移籍金はボーナス付きの250万ユーロと言われている。

ウディネーゼ出身のプロベデルは、これまでピサやヴェローナ、ペルージャ、プロ・ヴェルチェッリなど、イタリアの中小クラブを転々。スペツィアには2020年夏にエンポリから加入し、正GKとしてここ2シーズンで60試合に出場した。

ラツィオでは今夏、GKトーマス・ストラコシャとGKホセ・マヌエル・レイナが揃って退団。一方でグラナダからポルトガル人GKルイス・マクシミアーノが加入しており、プロベデルは開幕から守護神の座を争うことになる。