レアル・マドリーが来夏にライプツィヒのフランス代表MFクリストファー・エンクンク(24)獲得を目指すようだ。

エンクンクはパリ・サンジェルマン(PSG)の下部組織出身。2019年夏にライプツィヒ入りし、昨季は公式戦51試合で32得点20アシストと大暴れ。多くのビッグクラブが関心を寄せる人気選手となった。

そんななか、今年6月にライプツィヒとの契約を2026年まで延長。今季の残留は濃厚と考えられるが、スペイン『Fichajes』によると、マドリーが来夏の獲得を画策。6000万ユーロ(約82億6000万円)強の金額で獲得できるチャンスがあるという。

ライプツィヒは9日、チェルシーからドイツ代表FWティモ・ヴェルナーの復帰と来夏のスロベニア代表FWベンヤミン・シェシュコ(19)加入を相次いで発表。選手層の拡充ができたことにより、エンクンク移籍の可能性は少なからず大きくなったようだ。

なお、バイエルンもエンクンクを注視しているとのこと。来夏は欧州屈指の名門が火花を散らす争奪戦となるのだろうか。

鎌田、長谷部が所属するフランクフルトが欧州王者レアル・マドリードに挑む!
「UEFAスーパーカップ2022 レアル・マドリードvsフランクフルト」8/11(木・祝)午前3:45〜WOWOWで放送・配信!
無料トライアルなど詳しくはコチラ