ヴァンフォーレ甲府は10日、MF米原秀亮(24)とブラジル人DFエドゥアルド・マンシャ(26)の加入を発表した。背番号は米原が「39」、マンシャが「40」に決定している。

ロアッソ熊本の下部組織出身で2017年にトップチームに昇格した米原は、2019年に松本山雅FCに加入。今シーズンは明治安田生命J3リーグで5試合に出場していた。

甲府へは松本からの期限付き移籍となり、移籍期間は2022年8月10日〜2023年1月31日まで。また、契約により、期限付き移籍期間中に松本と対戦するすべての公式戦に出場できない。

一方、ブラジル出身のエドゥアルド・マンシャは、187cm/80kgの左利きのセンターバック。セアラーやジャバクアラ、グアラニといった母国クラブ、ビルキルカラ(マルタ)、マシンサーズィー(イラン)といった国外クラブでプレー。2020年9月から今年6月まではポルトガル2部のSCファレンセでプレーしていた。

今回、加入が決定した両選手は以下のコメントを残している。

◆米原秀亮
ヴァンフォーレ甲府
「初めまして。松本山雅FCから来ました。米原秀亮です。ヴァンフォーレ甲府の勝利の為に自分の持ってる力を最大限に発揮します」

「また、山梨はフルーツが美味しいイメージもあり、サッカーはもちろんですが、山梨での生活も楽しみにしています。ヴァンフォーレ甲府のファン、サポーターのみなさん、共に戦ってください。よろしくお願いします」

松本山雅FC
「チームがJ2昇格、J3優勝争いをしている大事な時期に移籍するか迷いましたが、自分自身の成長のために移籍を決断しました。この3年半、松本で学んだことを新しい環境で存分に発揮してきます!」

◆エドゥアルド・マンシャ
「ヴァンフォーレ甲府サポーターの皆様こんにちは。マンシャと申します。強いメンタルを持って、チームメートと共にふさわしい舞台で闘えるよう、J1への昇格を目指したいと思います。このクラブの一員に加わることが出来、凄く嬉しいです。和を持って貴しとなす」