UEFA(欧州サッカー連盟)は12日、2021-22シーズンの年間最優秀選手賞の最終候補3名を発表した。

選出されたのはレアル・マドリーのフランス代表FWカリム・ベンゼマ、ベルギー代表GKティボー・クルトワ、そしてマンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ライネとなっている。

本命と見られるベンゼマは昨季、ラ・リーガで32試合出場27ゴール12アシストを記録。チャンピオンズリーグ(CL)では12試合出場15ゴール2アシストと圧巻のスタッツを残した。そしてレアル・マドリーをラ・リーガ優勝、CL優勝に導いた。

そしてクルトワは昨季CL決勝リバプール戦でビッグセーブを連発。決勝の最優秀選手に選出され、優勝に大きく貢献していた。

3季連続最終候補入りのデ・ブライネはプレミアリーグ優勝に貢献。プレミアリーグ年間最優秀選手に選出されていた。

最優秀選手の発表は25日に行われるCLグループステージ組み合わせ抽選会時に行われる。

鎌田、長谷部が所属するフランクフルトが欧州王者レアル・マドリードに挑む!
「UEFAスーパーカップ2022 レアル・マドリードvsフランクフルト」8/11(木・祝)午前3:45〜WOWOWで放送・配信!
無料トライアルなど詳しくはコチラ