セビージャは12日、ラ・リーガ開幕戦でオサスナとのアウェイ戦に臨み、1-2で競り負けた。

昨季4位のセビージャはクンデがバルセロナに移籍した中、本職中盤のグデリがセンターバックで先発。前線は最前線にラファ・ミル、2列目に右からテカティート、パプ・ゴメス、オカンポスと並べた。

昨季10位のオサスナがアグレッシブな入りを見せてきた中、セビージャは9分に失点する。右サイドを持ち上がったペーニャのクロスをファーサイドのチミ・アビラにヘッドで決められた。

それでも11分にすかさず追いつく。左サイド高い位置でアクーニャのフィードを受けたパプ・ゴメスが送ったクロスをラファ・ミルが合わせた。

試合を振り出しに戻したセビージャがボールを持つ中、24分にパプ・ゴメスがGK強襲のシュートを浴びせると、39分には逆転のチャンス。中央からデラネイの放ったミドルシュートが右ポストに直撃した。

1-1で迎えた後半もセビージャが押し込む展開が続くが、好機を生み出すには至らない。

そこで63分にはテカティートに代えてラメラ、ラファ・ミルに代えてエン=ネシリを投入した。すると67分、、エン=ネシリがヘディングシュートでGKを強襲。

しかし72分、CKの流れでパプ・ゴメスがボックス内のモンカジョーラを倒してとしてPKを献上、これをアイマル・オロスに決められて勝ち越しを許した。

再び追う展開となったセビージャはラキティッチや新戦力のテレスを投入するも、反撃できずに1-2で敗戦。黒星スタートとなっている。

鎌田、長谷部が所属するフランクフルトが欧州王者レアル・マドリードに挑む!
「UEFAスーパーカップ2022 レアル・マドリードvsフランクフルト」8/11(木・祝)午前3:45〜WOWOWで放送・配信!
無料トライアルなど詳しくはコチラ