プレミアリーグ第2節、ブライトンvsニューカッスルが13日にアメックス・スタジアムで行われ、0-0のドローに終わった。なお、ブライトンのMF三笘薫は75分から途中出場した。

ブライトンは前節、グロスの2ゴールの活躍にとって敵地でマンチェスター・ユナイテッドを2-1で破り、新シーズンを最高の形で飾った。連勝を狙う今回のホームゲームでは同じく開幕白星発進のニューカッスルと対戦。ユナイテッド戦ではベンチ入りもプレミアデビューがお預けとなっていた三笘は、再びベンチスタートとなった。

共に連勝を狙う好調同士の一戦は、立ち上がりから拮抗した展開に。意外にもアウェイのニューカッスルが序盤はボールの主導権を握り、サン=マクシマンの個人技を攻撃のスイッチとして押し込む場面を作り出す。しかし、ブライトンもカラム・ウィルソンのボックス内での仕掛けに対して、粘り強い対応を見せて決定機を許さない。

自分たちの思い通りの展開はならずも、ウェルベックの身体を張ったプレー、トロサールやマーチの長い距離を運ぶドリブルでチャンスの糸口を探すブライトン。徐々にカウンターの形から相手ボックス付近でのプレーを増やすと、33分にはビッグチャンスを創出。ウェルベックのボール奪取から仕掛けたショートカウンターで、ボックス中央のマーチが右足のシュートを放つ。GKポープの脇を抜けたボールがゴールへ向かうが、ここはDFトリッピアーにゴールライン上でかき出されてしまった。

前半終盤にかけてはよりオープンな展開となり、互いにフィニッシュまで持ち込む場面を作り出したが、いずれも決め手を欠きゴールレスでの折り返しとなった。

互いに選手交代なしで臨んだ後半は、策士ポッターが施したハーフタイムの修正によってホームチームが優勢に試合を進める。開始直後には右サイド深くでマーチが入れたクロスを、ゴール前でフリーのララナが頭で合わせるが、ピッチへ叩きつけたヘディングシュートはGKポープのビッグセーブに阻まれる。

その後、マーチとジョエリントンが小競り合いを起こすなど、試合のボルテージが上がると共に、ニューカッスルが盛り返して試合は拮抗。73分には前半に続きボックス内でマーチに決定機が訪れるが、GKポープの好守に阻まれる。

相手の堅守攻略に向け、流れを変えたい両ベンチは75分に動く。その中でブライトンはマーチとトロサールを下げて三笘とランプティを両ウイングバックの位置に投入する。

すると、2戦目にしてプレミアデビューを飾った三笘がいきなりスタンドを沸かす。左ウイングバックに入った三笘は80分過ぎに浮き球を使った鮮やかな縦への仕掛けを見せると、その直後にも左CKの二次攻撃から味方の決定機の起点に。さらに、84分にはボックス左で得意のステップワークからDFを振り切ってゴールライン際から絶妙な折り返しを入れるが、ゴール前のグロスがシュートを枠の左に外してしまい、先制点アシストとはならず。

その後もブライトンはニューカッスルを押し込んでいくが、守護神ポープを中心とする相手の堅守をこじ開けるまでには至らず。プレミアデビューを飾った三笘が短い出場時間で大きなインパクトを残したが、シーガルズは開幕連勝を逃す形となった。

鎌田、長谷部が所属するフランクフルトが欧州王者レアル・マドリードに挑む!
「UEFAスーパーカップ2022 レアル・マドリードvsフランクフルト」8/11(木・祝)午前3:45〜WOWOWで放送・配信!
無料トライアルなど詳しくはコチラ