日本代表DF冨安健洋がついに実戦復帰を果たした。

13日、プレミアリーグ第2節でアーセナルはホーム開幕戦を迎えた。

本拠地エミレーツ・スタジアムにレスター・シティを迎えた一戦。ケガで離脱していた冨安もベンチ入りした。

試合は前半に今夏獲得したガブリエウ・ジェズスが初ゴールを含む2点を記録してリードを奪う。

後半早々にオウンゴールで失点するも、55分にはグラニト・ジャカがゴール。74分に失点すると、75分に冨安はベン・ホワイトと交代してピッチに。5月16日以来の公式戦のピッチに立った。

失点直後の起用ということもありミケル・アルテタ監督からの信頼も感じられる冨安。プレシーズンも1試合もプレーしなかったことから、ファーストチームでは今季初の試合出場となったが、直後にガブリエウ・マルティネッリがネットを揺らし、チームはリードを広げ4-2とする。

冨安は右サイドバックとして危なげないプレーを披露。ビルドアップにしっかりと参加した他、相手のカウンターをファウルで止めるなどしスタンドを沸かせた。

試合後にインスタグラムを更新した冨安は「いつもながらホームの雰囲気が最高でした!!応援ありがとうございました」とホームのファンの後押しに感謝した。

この投稿には多くのアーセナルファンが反応。「よく戻ってきたトミ」、「良いパフォーマンスだった」、「寂しかったぞ」、「おかえりトミ」、「愛してる」と、久々の復帰となった冨安の帰りを待ち侘びていたことが分かるコメントの嵐となった。

今季はポジション争いも激化。ここから冨安がどのようなパフォーマンスを見せるか注目だ。



鎌田、長谷部が所属するフランクフルトが欧州王者レアル・マドリードに挑む!
「UEFAスーパーカップ2022 レアル・マドリードvsフランクフルト」8/11(木・祝)午前3:45〜WOWOWで放送・配信!
無料トライアルなど詳しくはコチラ