これがプレミアリーグ年間最優秀選手の実力だ。マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネが圧巻のパフォーマンスを披露した。

13日にエティハド・スタジアムで行われたボーンマス戦に先発出場したデ・ブライネは、イルカイ・ギュンドアンのゴールでリードして迎えた31分に見事な一撃を沈める。

ロングカウンターから右サイドでボールを持ったベルギー代表MFは、中へ切り込みながらペナルティアーク付近で右足アウトサイドを使ったシュートを放つと、ゴール左下隅の完璧なコースに決まった。

フィニッシュ前のボディフェイントでシュートコースを作った体捌きも鮮やか。芸術的な一連の流れには「KDBのパフォーマンスは世界クラス」、「誰もがアーリング・ハーランドに出すと予想していたことでしょう」、「MFとしても、ストライカーのようにもプレーしている。すごい」、「史上最高のミッドフィールダー」、「言葉を失いました」など、惜しみない賛辞が送られている。

昨シーズン、シティの連覇に貢献し、プレミアリーグ年間最優秀選手にも選出されたデ・ブライネ。12日には2021-22シーズンのUEFA(欧州サッカー連盟)年間最優秀選手賞候補に、さらにはバロンドール候補にもノミネートされた。

デ・ブライネのゴールでリードを広げたシティは、フィル・フォーデンと相手オウンゴールによって加点。ホーム開幕戦を4-0の快勝で締め括っている。



鎌田、長谷部が所属するフランクフルトが欧州王者レアル・マドリードに挑む!
「UEFAスーパーカップ2022 レアル・マドリードvsフランクフルト」8/11(木・祝)午前3:45〜WOWOWで放送・配信!
無料トライアルなど詳しくはコチラ